もっと自由に飛びたい。

sirent.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 28日

新月

今宵 新月
上手く飛べない、悔しさを月の無い夜に捨て
日々のあれこれも忘れ
ニッセンに集中!!  
 
 
 
[PR]

by silent-air | 2006-04-28 21:25 | Comments(0)
2006年 04月 23日

花粉 対症療法

昨日飛びながら 予感していた筋肉痛
見事的中

安心しきっていた体に また花粉が入り体力低下の上
寝不足気味なこと
などなどが 主たる原因です。

すぎ花粉、鼻水など薬でとまりますが
体力がとにかく奪われます。。。
こう見えて アレルギー体質で、、なんとかなんないかなぁっぁ
経験的に
体重がおちると アレルギー反応が軽くなる
どれ、最近ずっとさぼってる運動再開しますか
[PR]

by silent-air | 2006-04-23 23:10 | Comments(0)
2006年 04月 23日

バスルームから愛をこめて

本日土曜 LSをお借りし 飛びました。
やっぱ 飛ぶのはたのしかーーーー!!
板敷 650 山裏のゴルフ場で景気よく上がってるグライダーも確認したので
さくさく その下 1100 高峰にGO
高峰磨くこと1時間 諸般の事情で茂木に進んでいた皆も戻ってきて
板敷への帰路 50号付近にLD
 
とにかくよくわからない風 西と決、かなり長い進入を試みる
対地5m無常にもはっきり解る 東風にスイッチ。
まだらに水の入り始めた田んぼ 延びる延びる そこは水が・・
フォロー。。壊せない、ノーズつけない、翼端つけない、
グライダーを守るため。。身を呈しソフトボディラン
つうか それに至るって。。下手すぎ。。

どぶねずみと化した ペネロペ クルス
社長にお電話。。。回収お願いします。汚い車で来てください。
えっ!!グ、グライダー大ジョブ?? 
はい!!グライダーは無事です!!

ゴヤ氏がクーラーボックスにたっぷりの水、もって来てくれました。
そして ドブネズミを彼の愛車に乗せてくれました。
その後、回収した5人満載の車、ファッションセンターしまむら に横ずけして頂き
ドブネズミから人に戻り、何事も無かったように板敷に帰還。
さすが!!モイス!!N間様!! 
アップライトのブラケット外し 、きれーーにお掃除 
こういった所の丁寧さで、グライダーのコンディションが保たれるのですね
ちなみに 水没させたベースバーは、このお方のです。。ごめん。

帰宅後 風呂でハーネス洗い、
諸々 反省中。。。。
[PR]

by silent-air | 2006-04-23 01:46 | Comments(0)
2006年 04月 22日

てるてる坊主

世界中の飛びたいっ胸の内
今夜はいくつぶる下がってるかな?
届きますように。
 
[PR]

by silent-air | 2006-04-22 00:06 | Comments(0)
2006年 04月 20日

物差し

特急電車  2人掛のシート。
あの中央の肘掛。 あそこに肘を乗せるオヤジ。
足を開いてすわるオヤジ。
おまえ、そこはこっちの陣地だ あっちいけ と
いつも いつも いつも 心の中で叫んでた
でも、
まぁ たかだか5cmや10cm 私より体格いいしぃ と
いつも窮屈を甘受。

今日のオヤジ
あの微妙な肘掛にどかんと肘をかけ、足を開き
あろうことか 夕刊フジのエロ記事 堂々と広げた

すいません すこしそっちに行って下さい。
ついに 言った!! 

しかし、隣でエロ記事堂々と広げられるってのも・・
イタイ。 ナントカスルベ。。。イマサラドウニカナルモンカナ???  
[PR]

by silent-air | 2006-04-20 23:52 | Comments(0)
2006年 04月 20日

信じる

早朝からの全ての業務はつつがなく流れ、
大変気持ちよく 日常を取り戻した昨日。

夕暮れ。。。輝くサイン

FLの海を見たとき
アトランテック オーシャン
アトランテック といえば・・・・・
FLの月を見たとき
マキ、日本でフルムーンはなに? 満月。
満月 といえば・・・・

布石はあった...
そして 自分を強く信じ ホールの扉を開けました。
♪ (^0^) (^0^) ♪ 
[PR]

by silent-air | 2006-04-20 09:18 | Comments(0)
2006年 04月 19日

雑感

夜中 やはり目覚めてしまった。

なので、つらつらと色々な方々のブログを拝見。
前線フライトの是非論は置いといて、
いやぁ あちゅいっすねーー3人衆!!
琵琶湖信仰ってすごいモチベーションなんなだぁ などと妙に感心。
seeyou眺めていたら あっというまに時間が過ぎちゃいました。
K氏の134キロ関東平野は まさに憧れのフライト。

そしてうじーえサンの抜書きに笑いました。
個人的達成動機 あはは 
ハンググライダー的達成動機は仕事という社会的達成動機と合体しないと
賄うことが不可能です。
遊びですからお金は必須です。不在持はどんな準備をしても誰かに支えられます。
社会性を失うと 自分がやりたいことが出来なくなります。
私のやりたいこと 飛ぶこと。
社会の中も 空中も 信じられる自分になりたいものです。  

さて、、、、朝になりましたが 実は解決しなければいけない事が山積してるんだよなぁぁ まずは用事があったのに連絡つかんと 怒ってるらしいお得意様のトコに朝一で行って来なきゃ。。。。 誰だかわからん着信があり、メッセージないからいいかっ とほったらかしたのが多分。。、、やはり休暇中 何もなさそうでも能動的に毎日仕事の確認だけは丁寧にしないとやばい、、、かも なんったて酷い日焼け。電話とかでワンクッションないとインパクトありすぎ。。
信じられる自分はとぉーーーーい。 
[PR]

by silent-air | 2006-04-19 05:44 | Comments(0)
2006年 04月 17日

旅終了

16日の飛ぶだけの日々 2日の移動日  
そもそも フライテックに出たかったのが 
エントリが遅すぎ、予定を変更してクリニックとリッジに。
フタをあければ キャンベルがオイラが何とかしちゃる という事になりかけたが
あわてて 丁重に断った。 欲をかいたらきりがない。
今日は 1日フライテック見物。 ブリーフィングも理解できるし、回収もやった。 
というか、、、、、英語は相変わらずひどいもんだけど 飛ぶことや回収は万国共通のことばかり、言葉はあんまり関係ないのかな?多分。

FL Ridge US Nationals 2006 4・8-14

コンディションとにかく ド強風の日々 6日間の予定を1日延ばし
1日延ばせる事や 皆が残れるってのも・・・・
といかく 初日と最終日のみとべた。
飛んだ2日も強風。

4・8
122km フォローを背負って途中一回クランクするタスク。
トップが1時間半ちょいでゴールしてるから 強いフォロー。
出遅れないようにフライトパークの端から端まで必死に運ぶ。
なかなか いいトコに並んだ 前にカート 横にオレッグ、ジョニー 後ろにブレット
飛ぶ前にコンラッドが一個目と2個目の間のレグ ここ気をつけてちゃんと上げて丁寧にとアドバイスしてくれた。 
この人達についていけば ゴールできるはず。。。。だったのが
とにかく 風は強いし どう考えてもそれなりに荒れてる
1本目、テイクオフ直後 強烈に持ち上げられる 
夕方、ダスティンにアレはひざまでがっちょり引かんとだめだよ。 
とアドバイスを貰ったけど 
この時はとにかく腕の伸びる限り引いて それでもタグまで下がらない 
そいてウイークリンクが切れた。 気分はここでこの感じで・・・修行か?
って感じですね とにかく速攻ランチに戻る。
!!へぇ割り込んでいいんだぁ ラッキー、ジョニーの後ろ。
2本目、とにかくぼこぼこ 200mロックアウト 何とかあげたいが・・LD
対地1mいきなり地面に叩きつけられた なんでもなかったけど まぁ一休み
他にも似たような人が何人か どうやら今日はもう飛ばないみたい
ローランがこんな風の日にやるなんてとか何とか怒ってる 
でも 飛びたい星人 3本目やっとまともに引かれた
回りながら、まっすぐファーストパイロンに向かう 
・・・・・・誰もいない。 雲消えかかってる  トーイングもっと稽古しないと話にならない
などと思いつつ進む 何とか上げ進みを繰返し 30キロ付近眼下は湿原と沼
高度300m 強風だから進んだら戻れない、、下は見ないことにして進む 弱いリフトをかまいつつ進むけどあまりいいことが無い 最後はただ地表のタービュランスにもまれつつ流して下りた。37・3キロ はぁぁぁぁ 悔しい 泣きそうに悔しい 
f0028458_16444141.jpg

 
4・14
本日ももっちろん強風
82km クロスウインドのレグ後フォローレグ の逆への字タスク
本日!! トーイング一発オッケー。 ひざまで引きました。いいリフトでリリースしてさくっと
上がり頭の上にブレットとリジット2機 雲まできちんと上げて進む
飛べない日に熟読してよかった クロスカントリーソアリング。
教科書どおりじゃあ~りませんか、ファーストパイロンに向かうのにかなり角度をつけて進む
45度位 これが進まない、でも先のグライダーも同じくロクに進まないからオッケー
GPSの矢印見ながら これが真横になったらふふすいすい飛べると、、
気分は美味しいものを最後に残してご飯食べてる感じ。
で、事件は起こるわけです。 前方一面微妙に暗ーくなる、先行してる3機はそこを落ちながら進み、今まさに上げ始めた 届くか?? 留まるという選択肢の無い私・・進みました。
実は、途中一回だけ弱いリフトに当りましたが 前方の3機に追いつきたい気分もあり無視。
あと、少し 日が差してるあの場所へ。 でもそこは下りることの出来ない湿原 これ以上進むと戻れない 確証のないトコに行くにはちょっと・・150m仕方なく引き返しLD
明るさを取り戻した空に新たな雲。
頭上を過ぎるグライダーが少し進んだトコで、カクッと折れてどっびゅーんと消えてく。
1時間チョイで8kちょっと、、スタートも出来なかった。 なんでこんなトコでボムアウトしちまったのか???夕方ブレットにあそこで刺さったのマキだろぉと笑われた・・・
どうやら 矢印どうりに飛んでいった人は楽だったらしいけど
フライトタイムが短いのは最初のクロスウインドのレグを角度をつけて飛ぶラインを選択したオレッグ ジョニー ブレット ナドナド、 まっコース選択は良かったっう事。
しかし 悔しい。 美味しいものは次回までお預け。 

フライトパークライフ
フラリダリッジ
日の出で起床。 夜は月明かりのみ。
日が暮れてからのシャワーも もちろん月明かりのみ
このシャワー水質を除き 人生最高に気持ちいいシャワールームです。
夜はピーコックの鳴き声以外は何もなし。
テントは隣のオレンジ畑の中。カート ボー ダスティンに囲まれ 安心してよく寝ました
遂に 私のいびきも国際デビューしたんだろーーな。。。多分
食事は毎日 美味しいものを作ってくれるので困らなかった
価格が決まってなく適当に払うんだけど 私1週間30㌦でした。
Questで毎日飛んで痩せ リッジでまた太りました。 
何処にいても、気候がよく裸足で生活できる芝の上。 快適です。
f0028458_1615892.jpg

f0028458_1622445.jpg


遊び 
飛べない日が5日続き  
カヌーでアリゲーター見物  1日よく漕ぎました。。
Juno beach でマントーイングでハング よく走りました。。
土手はせいぜい7・8m でなだらか ここでちょいと引っ張ってソアリングまぁそうだよね と見てたけど  ちょっと笑ったのは ビーチサイドのコンドミニアムまで歩いていって やけにロープ長くするなぁ まさか!?と思ったら やはりコンドミニアムリッジ。。18階建て。。
そうそう フロリダリッジの周りは畑 牧場 沼 湿原 以外何十キロも何もない。
で、海まできてやっとこれってイメージしてたフロリダだぁ と思いました。 

ドラゴンフライ 

爆風に吹かれほうけていたある日 夕方ボビーが藪から棒に何か問いかけてきた。
なに言われたのか一瞬わかんなかった。。隣にいたザックが笑いながらドラゴンフライ乗りたいかってさ?とつないでくれた
でうんのりたーい。
で、再び 乗るだけでいいか?操縦するか? そーじゅーしまっす。
と相成り 30分はたっぷり飛んだかな?? 面白かった。
どのくらいスピードでるのかな? と思いフォロー背負ってアクセル全開で飛んだら気持ちよかった このくらいにしとこーーと振り返って ああ~~~またやっちゃった。遠かった帰り道。
後ろのボビーは何も言わない ただ見てるかたまにもうちょっとこうしろとか言うだけ
で 私の気もすんだ頃 お約束でしょ ぐるぐるやタッチアンドゴーやらで遊園地気分まで満たしてもらって暗くなった芝に下りました。 

大会の諸々・人
初日前夜 セットアップの場所とか並び方とか 難もしらないことに気づき
ブレットに教えて貰う。
後日 風があんまり強いからスタートはJUMP START にしましょ とブリーフィングで話があり これも後からブレットに確認した。
このの手の事はこの人に聞くのが一番良い感じ 私の理解度を把握するのが早いので、話がスムーズ。きっとすごく賢いのではないだろうか?

初日地面に叩きつけられた時 バテンみたいに曲がったアップライト2本
下りて足で蹴飛ばして あらかた直したけど 翌日コンラッドにキールとか見てもらった時
アップライト直していただく事になり 両方外して なんと・・カート家のバーべキュウコンロであぶりあったまったら走ってタイヤを支点に両端に二人でブル下がる 何回繰り返したろ??
1時間はやったと思う とにかく まっすぐになった。
丁寧な仕事にびっくり!! 

ドライバー
これは必須で、3月に来た時いいよといってくれたジュリーを当てにしてたのが没になり
めちゃくちゃあわてた リッジまで運んでくれたボーやカート達にこれ以上頼りたくないし。
でそんな時、大会前日飛んだときにサポートしてくれたMARCOがおまえドライバーいるのか?って聞いてきてくれた。ラッキーーー大助かり 1回収15ドルで請け負ってくれた安い。
次回は事前に何とかできるといいんだけどなぁ・・事前準備は英語力が・・・必須。。

アウトランディング
これ 結構微妙です。 QUEST の周りはそれなりに街だけど
リッジはホントに何も無い。それと、あまり豊かなかんじがしないので、夜ATMでお金だしたりしてる時 ちょっと怖かった。
で、初日 下りてすぐパトカーが来た 原っぱの真ん中に・・
何事かと思ったら ワニと蛇がいっぱいいるから早くたたんで道に出るように といわれた
で たたんで道にでた。MARCOには電話済みだけど道に出たら圏外。。まじかいな。
とそこに 再びパトカー別のおまわりさん この人に頼んでもう一回MARCOに電話してもらう
このおまわりさん、他のパイロットの場所も把握してて なんと回収の先導をしてくれた。
いい話ばかりじゃない 道で待ってる時、あまりにも暑い、アームスリーブをほっかぶりしてハーネスに腰掛けてたら 通過した車が止まって戻ってきた 私の前で減速し大声で何か叫びながら何か投げつけてきた。若い馬鹿兄ちゃん3人 これはびびった
だって この道車なんか全然通らないし 周りはワニのいる原っぱ 逃げる場所が無い。
乞食じゃないんだよっ おばんがりか?? ったく・・・
最終日も原っぱ でも大きな家が横にある で道にでるのにこの家横をハーネス担いで歩いてた時 住人帰宅。 事情を説明して事なきを得る。 でグライダー取りに原っぱに戻り歩き始めたら住人様がピックアップトラックで来た 手にはたっぷり氷の入った水。 グライダーは運んでもらうはその後アイスクリームをごちになり MARCOがくるまでの1時間住人様がたが付き合ってくれた。シャワーも使いなさいと進めてくれたけど丁重に断った。

へぇええ と思ったのは 賞金が優勝者にでてこれが200ドル 少ないなぁと思ったら
出ることがまれで いつも何も出ないとの事。

夕べはワラビーランチでWWのパーティがあり カナダチームの皆に連れて行って貰いました。アメリカ3回目にして始めてたぅぷり飲んじゃいました。。。たまにはよかろ。
いったい何のパーティかよく解らなかったけど 顔見知りの人がいっぱいいたので楽しく飲みました。
今回の新発見は悔しい気分を味わってしまったこと、
私 何につけてもあまり悔しいと思うことがないんです。
あと 情けなくて泣きそうな時は、どうにかして何とかすると忘れられる事。 
フライテックはすごく楽しそう。来年は早くエントリーしよっ
で 次の旅は夏に決定 新たに知り合った人達と夏の再会を約束しました。
という訳で 野宿から日常に戻ります。
もう気持ちはすっかり切替わり、仕事モードになりつつありますが・・・・・
鏡の中の土人・・・これはかなりやばいかも。。 
あと 1時間でQUEST としばしお別れ。   
   
[PR]

by silent-air | 2006-04-17 15:52 | Comments(0)
2006年 04月 15日

US Nats 終了

夜中に CURRT家のなぜ車にこんな設備が必要なのか?
皆目見当もつかないけれど、ウルトラ快適な家バスでQUEST着
明後日から始まる FRYTECの大会の向け とにかく人が多い。
昨日まで一緒だった 皆もいるから ホント沢山 
いつの間にか 粗方の人々と顔見知りになっている。。。。

さて 本日はまず飛んで 忘れないうちに大会日記でもカコっと。
[PR]

by silent-air | 2006-04-15 22:04 | Comments(0)
2006年 04月 06日

Clinic DAY 4・5

クリニック終了

昨日は 更新する気力も無いほどへこみました。
早朝のヒレなし練習 見事撃沈。
2本ロックアウトして 情けなくて泣けた。。。
なんて 言ってる暇も無く クリニックのタスク40kストレート。
ヒレ付きで飛んで これまたたった2マイルで撃沈。
回収が早かったのでリフライト トーロープのフックがかかったところで海風どっかん。

泣きそうな気分を かなぐり捨て ヒレを何とかしなきゃ 大会は無理。
ここには ヒレ在庫なし
空港でアイテム没収され 買いにいくも無く 時間も無く あきらめた
ヒロシ&マッキー ヒレ
日も沈んだクラブハウスの裏で テープで合体
その後 Kevinの助けをかり カーボンクロスでパイプに合体
そこそこ 寝れたので
今朝 再び ヒレなし稽古2本 なんと成功!!!
その後 今度はDustinの助けをかり キールと合体
バランスもDustinが製作。
うわっ もうゲートオープン 今日は会うとアンドリターン45キロ位。ブルー
センセは conrad 
早速 出来立てのヒレで引かれる いい感じ 
タグが旋回してセンタリングしているグライダー方向へ 
手前でかなりいい感じ手ごたえ ブルーだしさっきから何機かぶっ飛んでる。
迷わずリリース そのままあげてると 向かっていた先であげてたグライダーがこっちに来た
一本目 ぶっとんで即効フットで飛んでったBO。
そのまま 1500 スタートまで3マイル 
ヒレつくってて ブリーフィング聞いてない、ボードに時間も無くて 取あえず飛んだ
多分 フライングの可能性はない 無線で2回聞いたけど ???
2時54分 スタート 
雲なし せっかち全開でひとり1番で出た
最初のサーマルは調子良かったし 多分さっさといけば同じ条件でリフトがあるはず
1000までは+2以下は無視 それ以下は丁寧にでもしょぼかったら無視
コースはひたすら矢印どおり 22キロくらい先のターンポイントまで2個
ターンして 後続グループとすれ違う、conradが引っ張ってる
ゴールまで11k 渋い上がりかまっていたら追いつかれた
11k900m 出来ればもう少しあげてしまいたい。残業を決めて3周どうもconradが読んでる
少し先で回っている2機のトコまで併走。
ここでconradは別のチームメイトのトコに戻った模様
後からきたBoと途中から登場したVRと回る 10k1000m
上がりが悪い ゴールのQuest は見えてる 何とかなるべVG半分進む
睨めっこしながら やっぱそんな上手い話はないよねぇ でも必ず当ると信じて進む
今日は絶対ゴールする。しかも早く。とかなり強く想うほど 
昨日はへこんだし皆にヒレ手伝ってもらって助かった。
5k400 ヒット やや向かい風なので800まで我慢800を見て
後は引いて引く ひれの効果絶大! 気持ちヨーク進む けど・・・-4.5 。。-5
お願い早くすぎて 止まったほっ 150 ファーストゴール。。
毎日 ロックアウトし続ける私に付き合ったスタッフ皆が拍手してくれてすごく嬉しかった。

優しいタスクだし センセもいるからだけど
大会でゴールしたこと無い私が 4回のうち2回ゴール ゴールできなかった2日のうち1日は最長。 イメージはすごくよくなった。
新しいお友達も出来たし。工作なんかを介しセンセたちとも意思の疎通が出来たし。
いやぁ クリニック参加してよかった!!

Quest滞在5日間
トーイング練習7本 クリニック4本  全部で8時間 
初テント生活 チョー快適

明朝9時 移動っす      
[PR]

by silent-air | 2006-04-06 12:42 | Comments(2)