もっと自由に飛びたい。

sirent.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 11日

メイストーム

自然現象を楽しむには絶好構造のアパート。
GK3なみの風切音。
超高層ビル、中層並みの遥動。
この音、揺れからすると ・・・ メイストームですな。
目醒めました。

さて、裏側のフロリダ 今頃 水泳タイムですかね。
クラス5・女子世界選手権、チームリーダー北野氏のブログ
30℃か・・そいいや山形以来BEER飲んでない。
嵐肴に呑んじまうかな。
ブシュ  馬!! 
[PR]

by silent-air | 2006-05-11 04:12 | Comments(0)
2006年 05月 09日

日本選手権 コボレ話 

よってきた マルコメ軍団
おっこっちゃったの?? とお決まりの台詞でトーク開始
違うよ!! プンプン
頭上を通過するグライダーやそこいら空中に散らばったグライダー
見ながら プチハング寺子屋。

B  ふーーん 失敗したんだ。
M   ・・・・
B  失敗は成功の元だよ!!
M  ・・・・くそがき(心の中)
B  飛んでみたいっ
M  あと10年したら一緒に飛ぼうよ
B  えっ もう居ないでしょ
M  ・・・・くそがき(心の中)

で、悪たれも飽きたらしく 居なくなったのでたたみ始めて5分後
まだ 片付けけないでぇ~~ と彼方から悪たれチャリ軍団
?? まっいいか と手を休めた 視線の先、、、、、
生まれた時から男って。。。。点稼げた??
f0028458_19573138.jpg

[PR]

by silent-air | 2006-05-09 19:58 | Comments(0)
2006年 05月 08日

素材・・磨かんと・・

ニッセン中 2回 スリムビューティハウス から電話が来た。

こんにちわ♪♪
いまぁ キャンペーン中で 
期間中何回でも!!無料でお試しいただけます。
予約おとりしますけど いかがですかぁ?

ぶっちゃけ、
エステというところは 
気持ちよくマッサージなどされた後、シャワーを使いバスローブを着る
ここからが肝
己の衣類を収納したロッカーに行く前に、
どうど、ミネラルウォーターご用意しました ♪
と、個室に誘導される。
どう考えても違うだろと思う褒め言葉でヨレヨレにされ、思考停止を確認するや 
素材がいいのに、もったいない~~♪ 、 素材って?と考える暇を与えられぬまま
素材を生かす まじない について説法が始まる。
こっちは、丸裸 形勢の悪い事この上ない
ここで、スコールのごとく降りそそぐセールストークと対峙する。 

ただだからいらして♪ は、覚悟しなければいけない。
でも、
ただで、誘導した人の心を開き 財布を開く 技術は一見の価値あり。

せっかくのお誘い・・・ 
体調不良で挑む勇気はないので、またの機会。 
[PR]

by silent-air | 2006-05-08 22:41 | Comments(0)
2006年 05月 07日

取捨選択

我が家のテレビは あと数年でただの箱になるらしい
ふーーーん さよならテレビ。

このPCテレビが見れる。使ったこと無いけど。
このように 機能が重複している機器は生活の中に溢れ返って
限りアルお金で、埃に棲家を提供し、私は喘息になる。
アホくさいことこの上ない。

夏の旅の試算をした
ううーーむ、、、結構かかる。。。
この旅は削れないので、この旅に向け無駄を捨てる。
エンゲル係数を下げる。ここしかない。
一挙両得 もしくは 二兎追う者1兎も得ず  
だいたい これを 一挙両得と考える根性が浅ましい。
だがしかし
もはや旅は、垂涎人参となっているので
夏には 適正体重と旅資金が手中に収まっているはず。
ほんと、浅ましい。。。。
[PR]

by silent-air | 2006-05-07 21:32 | Comments(0)
2006年 05月 06日

日本選手権 DAY4.5 &オマケ6

DAY4 キャンセル
DAY5 大会初日は大切に飛ばなければいけない
     調子にのってはいけない 高く上げ よく周りを見て、石橋を叩くがごとく飛ぶこと
     だって。。。。最後尾つらいっす 教訓になります。
     って 最後から出たってちゃんと飛ぶ人はいるのですが 
     いかんせん せっかち気質 前に人がいると・・・・本能が・・・
     とにかく 沢山飛んで 空中でせめて地上の半分の観察・判断 が出来るようにってこと     かな?? 
     総合64位 またポイントがつかない・・・・

     で、最終日 
     十分一沖で1600 2時 
     10機程度の塊が十分一尾根にあり。 
     ハイジア尾根付近低いところ、またその前方、荒砥につずく尾根付近に何期か確認す      るも、低め。
     沖好きな私 何かに許された気分で、沖、幸来橋にまっすぐ 進む
     途中 弱めに当ったリフトが少し良くなり1100 北側から何期もそのリフトとにくるも
     離脱、 それ以上がつんと上がる気がしないのと さっさと駒を進めたい気分、 幸来橋
     の脇の雲もに間にあえと、 お願いグライド 雲は霧散 対地300 ターンしてちょっLD
     1位 86k(101・4kタスク) 900P
     ma 52位           208P 
 お勉強  
     途中のリフトは1200程度までは行ったらしいのと、LD後幸来橋に新たな雲が出来た      のだから、空気の振幅をもう少し考えたら あと少し飛べたかも。
     なんて、こんな事に空中で思いを巡らせないと意味が無い。 もっと飛ばなきゃ。。

そして、大会翌日 西強め 野間・ジョニー のあとTO
1600 赤湯市街に飛んでく2人に付いてく、スモークセールは一回ロストすると見えなくなります、4k程度グライドしながら、感じたのは 解っていても 強いリフトや、いやーな手ごたえのシンクを飛んでいくと、力がはいっちゃって、スピードつけて抜ける空域でびびってガツンとVG引けない。。これ何とかしないと ちっとも自由に飛べない。
飛んでった先で降りそうと一瞬思ったけど 少し先の野間リフトを頂き 流せされつつ はあっ亀岡! 初日にあいたかったよん とそのまま取り付こうと思ったけど、そのままML に。でLD.
疲れていたのと なぜか途中からのどの感じがおかしかった・・・

連休後半

体調不良!! 今日、呼吸困難がつらくて点滴。
喘息。。。 多分 黄砂がらみのアレルギーに飲酒・喫煙・寝不足。 
マジメに体調管理しないと、、めんどくさいことになる。
でも ブレーキもってないのよねぇ。  

f0028458_2120569.jpg

彼方の雪山 綺麗だったなぁぁ



   
[PR]

by silent-air | 2006-05-06 21:03 | Comments(0)
2006年 05月 02日

日本選手権DAY1・2・3

ネット環境抜群にして、飲む・寝る・食らう・読む・・・でまとめ書き。

頭が少し悪いことを自覚した ・・・4・29  
いつもどおり ほぼ最後尾でセットアップ
気合で坂駆け上がり シードの後ろでTO
いやぁ 春のサーマル 戸惑いながらもそのうち+5などとなり上がってく
13:00 のデパーチャースタート
無線からトップ集団スタートが伺えた 高度はしらない
私 1600 
第1パイロン方向雲なし TO上空雲あり ほとんどの選手が頭上にいる模様 
Ma うん、景気よく上がるしいきゃ何とかなるべ スタート
そして 何も無いま幸来橋にプス。。。
1位 ゴール60・5km 931P
Ma プス  12.1km  91P 67位

お勉強  トップ集団は2200~2300 ちゃんと上げきっていた
      例えばこの時のようにTO上空のみ非常にリフトが強い場合
      周囲は広くリフトの無い状態になること 確かにブルーだったよ・・・
      で、なぜトップ集団は出たのか・・・上げきっていたから
      第1パイロンまでグライドし そこで低くから上げたらしい
      きちんと サーマルのサイクルに合わせないと プス となるって事
     それが わかんないなら ちゃんと前が上がるとか雲出来るとか確認してからなんだろ      うけど、性分に合わない。
      ここはせめて、ずっと まつ・Dもん 両氏に言われてた上げきるをちゃんと やる事。

課題ができた・・・4・30
     
      またしても 最後尾。
      初日の諸々で、斜面綺麗どこがちらほら 流石に昨日みたいに出れないなぁ
      ゲートオープン20分前 フックイン
      翼が触れ合う 良平・ゆうさん・和ダッチ などなどみんなフックイン
      5分前 斜面のグライダーが揺れ始めた やっぱな・・・
      だってDもんやらNきくんやら ジョニにみっちー G みーーんないるんだもん
      ゲートオープン 2歩 そして固まること推定1時間
      TOの風によるトコが大きいんだけど、へたすりゃトップが最後のパイロンに行くころ
      TO。
      高つむじいいリフトだけど 私的に込んでる そう相変わらずガグル嫌い
      グランドは上がりそうと当りをつけ 探すヒット 
      上げきる 上げきる と念仏唱えた。2000まで。。抜けた
      こりゃラッキー 第一パイロンに向けGO
      ううむ、なかなかなアゲインスト 対地30そこそこ
      手前6k 村松・ひろしたち5機が右手で回してる 逡巡しながらも寄ってみる
      ガグルの手前で2・3周 あまりぴんとこないので一人進む
      4k手前 ヒット つかみどころの難しいリフトで 後から来た前述のみんなのトコまで
      上がんない・・1600 進む
      いやーーーな シンク -5 が続く
      引いて引かなきゃと頭では充分わかっちゃいるが。。。
      引いて引くと 取られるまっすぐ飛べない そのうち力が入る
      こりゃダメだと、、仕方なくVG緩め進む 遠い・・・
      第一パイロンクリアし前方に村松君たち発見 少し高い。。。
      あのシンク帯ちゃんと飛んだんだろーーナァ。
      そして その先のリフトには高度不足で絡めず13号超えてLD
     
      1位 ゴール55・7km  990P
      MA  プス  45位 263P
お勉強  シンクの飛び方を学ぶ事
      その一 ミノルのアドヴァイス
      板敷などでサーマルがらみのリッジ条件で 高速でまっすぐ飛ぶ練習をすること
      その二 Dもんのアドヴァイス
      シンクもサーマルと同じで形や周期があるから 迂回するのも選択すること。
      あっこりゃ 目から鱗。 
      なにせ まっすぐ馬鹿だからなぁ 観察 観察 っと
           
 

 
   
[PR]

by silent-air | 2006-05-02 07:08 | Comments(0)