もっと自由に飛びたい。

sirent.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 30日

板敷日記 鼻息編

おや? 予報より空の感じが良いではないですか。

ちょっと早めに板敷へ
ショップに顔ださず、駐機場へ 村松くん・服部くんとチョロQに積む

そこへ現れた 大重鎮G氏
本日は講習会場で、お飛びにはならないのでございますよねぇ
真っ暗になっても お待ち申します。
講習が終わったら、、回収していただけませんか?
・・・・え”っおれ? 

まぁ、これから仕事をする大先輩に、よくぞ言ったもんだ。。。
会話を遠巻きに見ていた、十一殿が
僕、回収しますよ と申し出てくださいました

TOへ 南風びゅーーーー しけた空ではありますが そう悪くはなさそうです
しかし。。。。組んでいると先に飛んだ方々が、、、渋っ
雲もどんどん増えてゆきます

ここで考えても、何にもならないのでTO
上がりますが、、、ぱき~~Nって感じではありません
やはり、人と回るのは苦手なので
吾国に回り込み、もんがらしておると、村松君・砂間・遠ドゥがやってきました
カンダタ気分になりますが、気が弱いのですぐ別の糸を捜しに行きます。
砂間が抜けて、上がってゆきました。
砂間1000超えたので、発射の無線。 

もんがらもんがらして、TO裏で950までのリフトにあたりました。
さて、、、どうしたもんか? TOした頃は明るかった北方面も微妙に渋い空気を醸し出しています。
ちょっと、味見に裏のゴルフ場から50号あたりを一人ふらつきますが。。
鼻息グルグル気分にはなりません、
先に進んだ砂間から景気のいい話も聞こえませんし、板敷界隈のハングも、上げきれず500あたりにいます。
景気のよさそうなHGもPGも見渡す限り確認できません。

十一殿の無線に、板敷裏で味見中と答えました。
微妙に高度もさがり始めた頃、村松君が吾国から景気よく上がってきました。
1000前後で、北にグライドして行きました。

風は東に大分振れてきておりましたので、加波アタックをして
幸せな気分になったら考える事にしましたが、そういい気分にはなりませんでした。
板敷MLにLD。 距離O 

足尾のパラが那須塩原まで行ったらしいです。
早い時間は、それなりの景色でしたから納得です。
来週からは、もう少し早起きしましょう。

今シーズン初めて、XC気分になりました、鼻息はちゃんと出るようです。
[PR]

by silent-air | 2008-03-30 20:13 | Comments(0)
2008年 03月 30日

板敷日記 加圧トレーニング編

午前中は所用で、午後から板敷へ
景気よく上がっていましたが、ちょっと遅かったので

マムシさん・マミヤン・マキ のM’s にロキ、賑やかに登頂しました
いやぁ~~~おっさん達 健脚です。
まったく ついて行けません 

人間の皮の面積は限りがあります。
その内容物が増えると 
体中の血管を加圧している状態になります。
体内の体積が標準値を超えた状態、
それすなわち 加圧トレーニングでしょう。
登頂中に思い至ったことです。

さて、板敷LAの桜 今にも蕾がはじけそうです
来週末あたり、満開かな? 
[PR]

by silent-air | 2008-03-30 00:18 | Comments(0)
2008年 03月 28日

なんで ぐっときたのかしら?

ごく身近にいそうな 炭焼き・大工・竹職人のおっちゃん達が
外国の村にいって、暮らしが便利快適になるものを作る ってテレビをみました。
私が見たとこからは、 炭団 と 風車 と 水路 でした

現地に行けば、気候風土 材料も違うわけですし
普段の仕事は少しだけ違う 応用工夫仕事をやり遂げなきゃいかん訳です。

大工のおいちゃんの手元を真剣に見つめる、南の島の大工のおいちゃんの気持ち
私には よ~~く分かる。

なんとしても、形にしようとする 職人のおいちゃん達
経験と工夫 
私には、 ちょっと分かる。 
成し遂げるおいちゃんたちの、経験の日々は尊敬 の一言です。

TVの出てた、近所にいそうな おいちゃん達は、多分生きてゆく工夫をいっぱい知ってる。

蛇口から水が出てくる理屈を知ってますか?
寒さ暑さをしのぐ、エアコンがなかったら どう工夫しますか?

身近に、大沢さんや親分 それに左官の大将や棟梁 すごい人がいっぱい。
もっと、いろんなこと教えてもらおっ 尊敬してますw
[PR]

by silent-air | 2008-03-28 22:23 | Comments(0)
2008年 03月 28日

棲家考 vol 3 光に包まれた暮らし

天窓フェチなんです。

こーいう感じ ⇒ ブランド既製品なのでスゲー高いけど
これはアイディアの元です。オリジナルでも雨じまいさえ上手くやればお金はさほど掛からないはず。
陽の光は、上手に取り込まないと 眩しいだけの厄介者です
知恵を絞れば、ご機嫌空間が生まれます。
昼間、障子を閉めて 布団にもぐって本を読むのは至福です。
(やはり、ゴロ寝読書は北側に限ります 北側は一日中 明るさが安定してます。)
天窓が作り出す明るさと、障子が作り出す明るさには、共通の安らぎがあります  

天窓が好きなのは、もちろん住空間に取り入れた光の感じが好きなんだけど
裸族系の血が。。そうさせるのです。
なんてのかな。。。。光とともにって感じなんだよね
社会生活を送るためには、隠すものは隠さないとイカンわけ。

夜空を眺めて眠りたいし。
北側も明るいおうちに棲みたいんだよね~~
お風呂もトイレも明るくしてっと!

・・・やっぱ棲家は、、どこぞ南の島かなぁぁ。。

カミングアウト 裸族の血 
[PR]

by silent-air | 2008-03-28 00:45 | Comments(0)
2008年 03月 26日

空を飛んでみたい と思ったあの頃

山から飛べるまで、3年かかりました。

飛ぶことが、楽しさ満点だったのは ほんのひと時でした。
ランディングとは、恐怖であり
サーマルは、これまた恐怖でした
穏やかな風で飛んでも、やがて来るランディングに怯えたものです。

その恐怖を乗り越える前に
どうやら、山際で360°旋回をしなければ い け な い と洗脳され
これは、どーがんばっても出来ませんでした。
コンプレックスだけが、育ちました。
この頃、アトラスだったかな? so-y なんてもの乗りました。

そのコンプレックスが解消されぬまま
バディ150 に乗り換えました。
まぁ 山から離れていれば・・・上がることもありました。
wwのスポーツ167 に変えました
・・・・でかかった。
AIRWAVEのK2 に変えました
・・・・いい思い出ないです。
この頃、朝TOに上がる車中、突然下腹部に激痛が走り 山中に駆け込むのは習慣となっておりました。
スポーツATってのに乗ってたような気がします。
このグライダーでは、ごく稀に、山際で飛んだりしました
エンタープライズのコンバット に変えました。
これは、ちょっとだけ楽しかったです
が、、山に近寄れないので、ほぼぶっとんでいました。
クロカンして烏山行きました。
エアボーンのブレッド小さいサイズ に変えました
小さ過ぎました
これをぶっ壊したとき お金がなくて
HPとか、やはりK2 とか借りたりして飛びました
借りた機体で、奇跡のローカルコンペ優勝ってのがありました。
10万円貰いました。

さて、、ここまで何年・何機? 1万年くらいでしょう
その間、つくばはオロカ、足尾さえも拝んでいなかったかも?
そして、、 TOに上がる車中で急激な差込に悩む日々。

半年ほど休みまして、
上級機から、中級機のウルトラスポーツ にしました。
そして、中上級機のライトスポーツにしました。
初めてつくばに行って 嬉しくてビール1ケース 皆に振舞いました。
この頃から、山際で回れるようになってきました
便意ももよおさなくなりました

憧れの、トップレス ライトスピードを買いました
山際はもう怖くありません。

さて、いったいどれほど遠回りをしたのでしょう?

ふと、振り返ると 空を飛んでみたい 願いはとっくの昔に祈願成就していました。
なぜ、あんなにも乗りこなせない高性能機に執着していたのか?
今となれば、不思議です。 ひとり岡目八目気分です。

ライトスピードになって 初めてちゃんとHGと向き合えています。
そして、楽しめています。
楽しめているのは、上級機だから ではなく
諸々がバランスしているからです。

たまには、俯瞰すると 気楽になります。
なんだかんだいっても、 階段上ってるジャン よしよし。

誉められて、人は伸びる
ほめてもらえなかったら マス-・-・-・ン!  
[PR]

by silent-air | 2008-03-26 01:03 | Comments(2)
2008年 03月 25日

f0028458_1455630.jpg

R118 一昔前のクロカンルート
ここで 50km位
ありがちだけど。。翌日はいいねw
南です。
[PR]

by silent-air | 2008-03-25 14:05 | Comments(0)
2008年 03月 24日

板敷終了そして月例会 日本選手権 んで赤湯

大会スケジュールが、わりすぎる
と悪評の誉れ高い 春シリーズ。

自営業にして、シングル、南東北在住者の立場で 
呑気な意見なぞ。。

まぁ 相変わらず なにやってんの~~~ってな成績で言うのもなんですが
隔週で、競技会があるというのは
私のような、発展途上のパイロットには学習効果が高いと思われます。

その上、2つの大会が片道20分、自宅から参加でき
さらに最後の大会も、4時間かからずいける
疲れを残さず、こなせるわけです

くず鉄でも熱いうちに打てば、それなりに成果を得ることが出来ると思われ

個人的には、ナイスな日程です。
好機だと思って、取り組みたいと思います。
[PR]

by silent-air | 2008-03-24 22:16 | Comments(0)
2008年 03月 22日

itajiki task 1

北風強く 選手全員のTOすら危ぶまれたものの
ふたを開ければ 
なんだか のんびり飛べました
MLに降りた選手も多く、いつもの週末のみたいにbeer飲んでましたw
磯の香りを運ぶ南東風のおかげ?

隔週のシリーズ戦も始まったばかり、良い日もくるでしょう。
まだエントリーしてないけど、、、 しよっかな。
[PR]

by silent-air | 2008-03-22 23:58 | Comments(0)
2008年 03月 22日

棲家考 その2

湯船につかる習慣とは無縁だった。
通年シャワーで平気だったし
そもそも 一人しか入らないのに もったいない
温泉でも 長風呂が苦手

それが、変わったのは今年

まず、半年分ある過去のNHK英会話のテキスト
これが、湯につかりながら お勉強するのにちょうどよい

次に、疲れがとれる という事を知った

さらに、気に入った香りの入浴剤など入れると 癒される

疲れが取れる、癒される この感覚を実感するのは
現代社会に生きる、生き物として必然なのだと思う
必然性の根拠は、加齢臭。
ちまたに蔓延る、無臭崇拝に すっかり怯える つまらんばばぁになったつう事。

さて、タイトルに照らして進むと
一人で、浴槽を満たす 長くて1時間 加齢臭やらその元やらは湯に移る
とはいえ、、満々と張った湯を 流す時 やはり もったいない がよぎる

最終選択・・・猫足のバスタブ
容量が和浴槽に比べ少ないので、ひとりで浸かっても捨てても まぁよい。 
癒し効果として、勘違いできる  なんかさ。。外国の女優がくつろいでる感じじゃ。

棲家のバスタブは西洋かぶれ 猫足に決定した。 
[PR]

by silent-air | 2008-03-22 00:34 | Comments(0)
2008年 03月 19日

棲家考 その1

花冷えとでも言うのかしら?

先週までの春めいた雰囲気が一転
サブイ。。。予報もサブイ。。。

さて、ごみ焼却施設の余熱利用のプールは、各自治体にされますが

今日のようにサブイ日
お風呂にゆったり浸かりたいもんです。

ペチカやオンドルという、セントラルヒーティングの知恵は昔からあり
この ただ部屋を暖めるだけに消費される燃料

ストーブにバスタブ乗せといたら。。。と頭に浮かび
一休さん状態。。。

っ! とんちじゃダメだ。

とまぁ 最近また そぞろ棲家計画に思いを馳せる日々。
[PR]

by silent-air | 2008-03-19 23:57 | Comments(0)